借金をするならば時効援用の知識を身に着けておこう

  • By :
  • - Date :

基本的な知識を身に着けておく

借金をしている場合には、一定の期間が経過すると返済しなくてもよい決まりがあります。これが時効消滅といわれるものです。時効消滅とは、債権者が借金を請求して来なくなってから5年間が経過した時に、借金を請求する権利が消滅することです。裏を返せば、債務者は借金を払わなくてよいことになります。ただ、厳密に言えば時効援用をしなければ時効消滅とは言えません。5年間の実行が経過したうえで、債務者が時効援用をすることで初めて借金の残額を払わずに済むわけです。ちなみに、会社が一切からまず個人同士でお金の貸し借りをした場合の消滅時効は10年間になります。時効援用を行うときには、必ず内容証明郵便を債権者に送る必要がありますね。単なる82円切手を貼った手紙の場合は時効援用を第三者に対抗することができなくなるため債権者側から請求された時に、時効消滅を主張することができなくなります。

連帯保証人は時効援用権者に含まれるか

時効援用をする人のことを時効援用権者といいます。借金の当事者は当然時効援用権者に含まれますが、それ以外の人が時効援用権者に含まれるか問題になります。この問題になりやすいのが連帯保証人です。連帯保証人は時効援用権者として認められるとするのが普通です。なぜ認められるかと言えば、債務者が時効援用をしてくれず債権者の方で請求が来れば連帯保証人が支払わなければならない可能性が出てくるからです。もし、連帯保証人に時効援用をする権利を与えないとすれば、連帯保証人に著しく不利になってしまうでしょう。

時効の制度を利用する意志を、相手に伝えることで相手の権利が消滅することを時効援用と言います。借金で長期返済していない場合、時効成立している場合、借金が消滅し帳消しにすることが出来ます。

どの資格試験でも共通の攻略法!過去問を活かした学習3選

過去問をまずは読み込む過去問は、多くの人はテキストを理解してから取りかかるものだと思っています。しかしながら、…

秘書の資格はビジネス全般に使える!!ビジネス法務の資格も取っておきたい!!

秘書に必要な知識などが身につけられる会社の社長となると非常に多忙になります。スケジュールを自分で管理するのが難…

公務員になるための勉強方法!ポイントは3つ!

勉強は一人では難しい公務員になるための勉強方法でいいのは、予備校などを利用する方法です。予備校であれば試験対策…