拠出額は同じだが将来もらえる年金が異なる

  • By :
  • - Date :

生命保険会社などでは個人年金と呼ばれる商品を販売しています。毎月一定額の保険料を払い込んでおくと、将来の一定年齢から一定の年金を受けられる仕組みです。これは確定個人年金と言われています。毎月1万円や2万円等の金額が決められていて、将来受けられる金額も決まっています。これは生命保険会社が一定の率で運用するのを前提としています。今は金利が低いのであまり利回りは良くありません。個人型確定拠出年金は、毎月同じ額を拠出する点では同じです。しかし将来もらえる年金が異なります。予定利率などはなく、運用は拠出者自身で行います。うまく運用できればたくさんもらえますし、運用によって資産を減らせば拠出額以下の年金しかもらえないかもしれません。

所得控除が受けられるが限度額が異なる

生活に関わる費用を拠出すると、所得税の所得控除が受けられるときがあります。医療費を払ったときの控除はよく知られています。その他社会保険料は全額控除の対象ですし、生命保険や医療保険として払った額は一部が控除できるようになっています。確定個人年金は生命保険会社などの個人年金と言われている商品ですが、一応所得控除が受けられます。今の制度だと、最高4万円までの控除になります。掛け金が多い人でも、上限以上は控除されません。個人型確定拠出年金分の拠出に関しては、社会保険料控除同様に拠出額全額を控除してもらえます。サラリーマンでも10万円近く拠出する人がいるでしょうが、その額を全額控除できます。かなり節税効果が高いと言えます。

個人型確定拠出年金への加入先としては、主に銀行や証券会社、保険会社などがあり、これは国民年金加入者であればほぼ全員加入することができます。

どの資格試験でも共通の攻略法!過去問を活かした学習3選

過去問をまずは読み込む過去問は、多くの人はテキストを理解してから取りかかるものだと思っています。しかしながら、…

秘書の資格はビジネス全般に使える!!ビジネス法務の資格も取っておきたい!!

秘書に必要な知識などが身につけられる会社の社長となると非常に多忙になります。スケジュールを自分で管理するのが難…

公務員になるための勉強方法!ポイントは3つ!

勉強は一人では難しい公務員になるための勉強方法でいいのは、予備校などを利用する方法です。予備校であれば試験対策…