教育費用などを贈与しておくと良い

  • By :
  • - Date :

資産を移転すると、通常は贈与税がかかります。1年110万円までは控除してもらえますが、それ以上の贈与は課税対象になります。税率も高く、安易に贈与をするとどんどん資産を減らす可能性があるので注意しないといけません。将来的に相続税がかかりそうなときは、早めに資産の移転をしておくと資産を有効活用できます。そこでいろいろな特例を使うようにしてみましょう。教育費用を贈与した時、一定額までは贈与税がかからない仕組みがあります。もちろん誰にでも適用されるわけではないですが、適用できる親族がいるなら行うと良いでしょう。将来相続を受ける人の税金を減らせますし、教育費用の支出を減らせる分家計が楽になります。一石二鳥になります。

婚姻に関わる費用を贈与する特例の利用

婚姻をするとき、非常にお金がかかります。結婚式をしたり、ハネムーンに行ったり、結婚後の新居を購入したりなどがあるでしょう。もちろん自分たちで用意できる人もいますが、親から工面してもらって行う人もいます。将来的に相続税がかかりそうな親族がいるのであれば、結婚費用などを相続しておくと良いかもしれません。一定額までは贈与税がかからないので、その分将来の相続資産を減らせます。結婚費用に関しては、何にいくらまで使えるなどの決まりがあるので、それを考慮して贈与しておく必要があります。それ以外の目的で行うと適用されなくなる可能性があります。結婚をする親族が何人かいる時には、それぞれに行えばかなり資産の移転をスムーズに進められます。

相続を受けた人のうち、相続した財産が3000万円と600万円×法廷相続人の人数の合計額を上回る場合、相続税の申告をしなければなりません

どの資格試験でも共通の攻略法!過去問を活かした学習3選

過去問をまずは読み込む過去問は、多くの人はテキストを理解してから取りかかるものだと思っています。しかしながら、…

秘書の資格はビジネス全般に使える!!ビジネス法務の資格も取っておきたい!!

秘書に必要な知識などが身につけられる会社の社長となると非常に多忙になります。スケジュールを自分で管理するのが難…

公務員になるための勉強方法!ポイントは3つ!

勉強は一人では難しい公務員になるための勉強方法でいいのは、予備校などを利用する方法です。予備校であれば試験対策…