司法書士資格を短期間で効率的に取る方法3選

  • By :
  • - Date :

司法書士試験以外の資格取得法

司法書士の資格は、司法書士試験を合格すれば取得できますが、一部例外的に資格を取得できる場面があります。それは、裁判所事務官や裁判所書記官などの公務員の業務を一定期間行っている場合に司法書士の登録ができるという例外です。ただ、それ以外の場合は、司法書士試験という難関を突破しなくては司法書士の業務につけないため、ここでは司法書士試験に短期合格する方法の説明を中心にします。

抽象的な法律を具体的な事例で覚える

司法書士試験の学習では、多くの場合民法から学ぶことになります。その民法は、私人間の法律関係を規律する実体法として、様々な事案に対応できるように設計されています。そのため、民法の学習では法律が具体的にどのように適用されるかを中心に興味を持って学習すると良いです。法律の条文1文1文は抽象的で分かりにくいですが、適用される場面をイメージすると一気に具体性を帯び分かりやすくなります。さらに、法律の解釈でどこまで権利関係の実体をカバーできるのか、学習で理解すると良いでしょう。

マイナー科目は意外な得点源

多くの資格は、主要な科目をマスターして、基準点を満たして逃げ切ることができます。しかし、司法書士試験の場合は択一試験は多くの年で8割の正解率が必要とされ、主要科目だけでは合格点を取れないのが現状です。ただ、択一試験の約25%を占めるマイナー科目の出題は、落とすにはもったいないぐらい基本的な出題がされることが多い側面があります。そのため、マイナー科目は得点源だとみなして、他の受験生よりも力を入れて学習すると択一試験での高得点が望めます。

司法書士の試験対策には、独学のほかにもさまざまな選択肢があります。ライフスタイルに合わせて、スクールや通信講座などを利用して試験が突破できるようにすることが大切です。

どの資格試験でも共通の攻略法!過去問を活かした学習3選

過去問をまずは読み込む過去問は、多くの人はテキストを理解してから取りかかるものだと思っています。しかしながら、…

秘書の資格はビジネス全般に使える!!ビジネス法務の資格も取っておきたい!!

秘書に必要な知識などが身につけられる会社の社長となると非常に多忙になります。スケジュールを自分で管理するのが難…

公務員になるための勉強方法!ポイントは3つ!

勉強は一人では難しい公務員になるための勉強方法でいいのは、予備校などを利用する方法です。予備校であれば試験対策…