どの資格試験でも共通の攻略法!過去問を活かした学習3選

  • By :
  • - Date :

過去問をまずは読み込む

過去問は、多くの人はテキストを理解してから取りかかるものだと思っています。しかしながら、テキストを学習する前に過去問に取りかかる方法も十分ありです。過去問は、頭の中の知識を試すためのものでは決してなく、むしろ初見の知識をうっすらと頭に入れるツールだといえます。初見で知識を頭に入れた後、何度も繰り返して過去問を見るので、一回目で覚える必要はありません。ただ、過去問を読んで、どういった種類の知識が今後必要になるのか理解するのが必要です。

過去問は何度も繰り返す

過去問は、当然のことながら1度演習すれば済むものではありません。過去問は、他の受験生も研究している共通言語みたいな存在であり、より細かい研究が必要になります。細かい研究をすることで、他の受験生と差別化を図り、より高い正解率を目指せる利点があります。過去問は、何度も読み返すことで、前に読んだ時とは違った側面を見せます。理解のレベルに応じた知識の吸収が過去問演習によってなされるので、何度も繰り返すことで毎回新たな発見があるのです。

年度別の過去問も解こう

過去問集には、単元別のものと年度別のものが一般的に存在します。知識をインプットする段階では、単元別のものの方が役に立つのが事実です。しかし、学習がある程度進んだ段階では、過去問は年度別のものを解くと良いことも存在します。その代表例として、年度ごとにどのようなテーマで試験の出題がなされたかや、どのような時間配分で解くべきかが分かることがあります。そのため、直前期の総仕上げとしては、年度別の過去問を解くことが学習の助けになります。

転職活動で成功したいなら、医療事務の講座で学びましょう。空いた時間を利用しながら、マイペースで勉強することができます。

秘書の資格はビジネス全般に使える!!ビジネス法務の資格も取っておきたい!!

秘書に必要な知識などが身につけられる会社の社長となると非常に多忙になります。スケジュールを自分で管理するのが難…

公務員になるための勉強方法!ポイントは3つ!

勉強は一人では難しい公務員になるための勉強方法でいいのは、予備校などを利用する方法です。予備校であれば試験対策…

行政書士ってどんな仕事?どうすればなれる?

書類作成のスペシャリスト専門的な知識や技能を駆使してサービスを提供する職種は数多く存在しますが、そんな中で「文…